リレンザは今までのインフルエンザ治療薬とは異なり、粉薬を吸入することで上気道に直接薬が届き、インフルエンザに対して早い効果が見込める薬になります。当サイトではそんなリレンザに関する様々な情報を共有していきます!

せきが出る女性

タミフルはインフルエンザA型・インフルエンザB型の治療法として広く知れ渡っている薬ですが、昨今話題になっている新型インフルエンザへの効果については疑問視する声が強くなっています。
新型インフルエンザというのは通常のインフルエンザウイルスが変異することによって生じるものであり、2014年には「H1N1亜型インフルエンザ」と呼ばれるタイプのウイルスが流行を見せました。
幸いこのH1N1亜型に対してはタミフルが有効に作用したために問題はありませんでしたが、2008年に流行したAソ連型はタミフルに対しての耐性を有しており、日本国内では14検体のうち13検体がタミフルへの耐性を持っていることが明らかになりました。
また2004年に流行を見せたH3N2型も同様に耐性を持つウイルスが確認されていたことを踏まえると、2004年から2008年までの間に耐性を持つウイルスの数は増加したと判断できます。
こうした耐性の獲得はタミフルがよく利用されるインフルエンザ治療薬であるために生じたことであり、今後もタミフルに対して耐性を持つインフルエンザウイルスが登場する可能性は極めて高いとされています。
特に日本という国は世界的に見て最もタミフルを利用する国であるだけに、ひとつの薬に依存しているとインフルエンザが流行した際に対処が遅れてしまう恐れがあります。
一応新型インフルエンザであっても別種のインフルエンザ治療薬であるリレンザが効果的に作用しますから全く対策手段がないわけではありませんが流行初期段階などだとデータの不足によって耐性があることを予想できずにタミフルが処方される可能性はありますから、インフルエンザに関しては常にニュースなどで動向を確認し、その時々で適した対処を選ぶように心がけてください。
また、シーズンに備えて通販を利用してリレンザを個人輸入するなどしてタミフルを常備しておいたり、より詳しい情報サイトでタミフルについての知識をつけておくことも大切です。

記事一覧

インフルエンザは、毎年、晩秋からゴールデンウイークにかけて猛威をふるっています。 その年が暖冬であれ...

ウィルス

リレンザは、抗インフルエンザ目的で使用される薬です。吸引方式を採る事から若干のコツを掴む必要こそある...

手のひらにある薬

インフルエンザの時期が近づいてくると予防を考える人もいるでしょう。インフルエンザの予防といえば予防接...

病原体

リレンザは比較的安全性の高い薬であるため他の薬との併用については特に問題となるものがありません。 も...

薬と瓶を持っている男性

インフルエンザにかかってしまうととても辛いものです。 そこでインフルエンザの治療や予防のために、薬を...